飲食店営業許可申請

◆こちらのページでは、飲食店営業許可申請についてご案内いたします。

【はじめに】
 食品衛生法第52条の規定に基づき、飲食店、喫茶店、菓子製造業、食肉処理業等を始めるときは、事前に同法で定める業種ごとの「食品営業許可」を受ける必要があります。そのためには、食品営業のすべての業種に係る施設基準とそれぞれの業種ごとに定める施設基準を満たしていることが必要です。
 飲食店営業許可申請をするためには手間と時間がかかる煩雑な手続きをしなければなりません。弊所では主として「飲食店営業許可申請」をお忙しいお客様に代わって行なっております。前橋高崎伊勢崎渋川地域を中心に群馬県内の地域(一部遠距離地域を除く)に対応致します。群馬県内で飲食店営業許可を取るならぜひ弊所にお任せ下さい。宜しくお願い致します。

〈お問い合わせ先〉 TEL 027-257-2653
         携帯 090-4168-2987
土日・祝日対応
行政書士仁井田茂事務所 代表 仁井田 茂


 【飲食店営業とは】
①一般の食堂、レストランなど食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業をいいます。
②料理店、すし店、そば屋、旅館、仕出し屋(需要者の求めに応じて調理し需要者へ持ち込む業態)、弁当屋(需要者の求めに関係なく調理、販売する業態)など客席を設けないでそうざい等を調理し店頭で販売する行為も対象になります。
露店、自動車(移動販売)でのたこ焼き、イカ焼き、ラーメンなども対象です。なお、大判焼き、たい焼きを販売する場合は、「菓子製造業許可」が必要になります。
③同一施設内でその場で客に飲食させる目的で、うどんやそば、アイスクリーム、ケーキなどを調理、製造する場合は、あらたに、めん類製造業、アイスクリーム類製造業、菓子製造業などの許可は必要ありません。

【喫茶店営業とは】
 酒類以外の飲み物又は茶菓(調理、製造行為なし)を客に飲食させる喫茶店、サロンなどの営業をいいます。喫茶店営業を行うには「喫茶店営業許可」が必要になります。したがって、「喫茶店」として営業していても、客にビールを提供したり、サンドイッチやパスタなどを調理し提供する場合は、「喫茶店営業許可」ではなく、「飲食店営業許可」が必要になります。一般的に言って「喫茶店」は「飲食店営業許可」を受けて営業しています。


酒類の提供における営業時間の区分】
飲食店…飲食店営業許可
ア 一般の食堂、ラーメン店、レストランなど(付随的に酒類の提供ができます)…制限なし
イー1 居酒屋、バーなど(酒類の提供がメインの営業)…日の出から午前0時まで
深夜酒類提供飲食店…飲食店営業許可 + 深夜酒類提供飲食店営業営業開始届出※
イー2 居酒屋、バーなど(酒類の提供がメインの営業)…深夜営業(午前0時から日の出まで)
※深夜酒類提供飲食店営業営業開始届出書は風俗営業法に基き店舗を管轄する警察署生活安全課に届け出ます。なお、深夜酒類提供飲食店は住居系の用途地域では営業できません。


【食品衛生責任者】
 営業施設には、その施設ごとに食品衛生責任者を設置する必要があります。他施設との兼務はできません。食品衛生責任者には以下に該当する者が就任できます。また、大学等の所定学部・学科などの卒業者も就任できます。詳細は各自確認してください。
①調理師、栄養士、製菓衛生師などの有資格者
②①に該当しない者については、食品衛生責任者になるための養成講習(1日講習)修了者。群馬県では(一社)群馬県食品衛生協会が開催(地域ごとに年3回程度)しています。なお、受講料は9,000円(テキスト代及び税込)です。


【欠格事由】次の者は飲食店営業許可を受けることができません〉
①食品衛生法又は同法に基づく処分に違反して刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
②食品営業許可を取り消され、その取り消しの日から起算して2年を経過しない者
※法人にあってはその業務を行なう役員を含みます


【営業許可申請手続の流れ】
①〈事前相談
工事着工前に設計図(店舗平面図)を持参して、営業施設が基準に適合するように事前相談をします。なお、受水槽や井戸水を使用する場合は水質検査を受けておきます。

②〈申請書類提出
原則として、営業開始日の10日前まで(前橋市の場合)に提出することが必要ですが、予定どおりに1回で施設検査に合格できない場合を考慮して、余裕をもって1カ月前までに提出できるようにしておきます。不備がなければ手数料を納付して、施設検査日(毎週水曜日)を決めます。

③〈施設検査日
申請者又は代理人(受任行政書士等)立会いのもと、保健所の食品衛生監視員が施設に来訪し、営業施設が基準に適合するか調査します。不備があると改善されるまで許可されません。改善後に再検査を受ける必要があります。検査に合格したら1週間後(前橋市の場合)に許可証が発行されますので、印鑑持参で受け取りに行きます。

④〈営業開始
「営業許可証」と「食品衛生責任者プレート」を見やすい場所に掲示します。なお、許可証には許可期間(5年を下らない期間)があり、 許可期間満了日の1カ月前までに 継続申請をする必要があります。更新手続きをしないと失効します。

 


【申請書類】
・食品営業許可申請書
・営業設備の大要(構造設備仕様書)
・店舗までの案内図
・設備の配置図及び平面図
・食品衛生責任者の設置確認(講習会修了証書、調理師免許証等)
・従事者の検便結果書(従事者全員分)
・水質検査結果書(貯水槽、井戸水を使用する場合)
・登記事項証明書(法人の場合)
※申請書の様式及び添付書類は自治体により異なる場合があります。事前相談の際に必要書類を確認します。
※平成30年6月13日、改正食品衛生法が公布されました。改正点は食品の衛生管理システムであるHACCP(ハサップ)*の農業等の第一次産業を除く全食品事業者への全面導入の義務化です。したがって、小規模の飲食店事業者もこのHACCPを導入・実行する必要がありますが、その導入に伴う負担軽減のため原則(基準A)であるHACCPをより緩和した「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」(基準B)を導入・実行すれば足りる、とのことです。改正法が施行されるのは公布日から2年以内の日とされ、飲食店事業者は今からその準備をしておく必要があります。施行後は新規の飲食店営業許可を申請する際や許可の更新をする際にはハサップ関係書面の提出が必要になります。当事務所においてはただいま準備中です。
*HACCPとは世界的にその導入が進められている食品の衛生管理システムのことです。「危害要因分析・重要管理点」と訳されています。完成品を検査して安全を確認する手法ではなく、食材の受け入れ(納品)から出荷(提供)までの一連の工程(作業)の各段階における食品衛生上の危害を防止するために、食中毒の原因菌・ウイルスや異物混入のリスクについて特に重要な管理点を分析しチェック・除去する仕組みのことです。


【食品営業施設の基準】以下の①②の両方を満たす必要があります。
共通基準…すべての業種(自動販売機等一部の業種を除く)に必要な施設の基準(詳細、略)
個別基準…それぞれの業種ごとに必要な基準(以下は飲食店営業の施設基準(抜粋)
ⅰ調理室を設けること。ただし、別に定める種類の営業*であって調理場と客席で一室を構成している場合又は営業施設の建物全体に防虫装置があり、衛生上支障のない食品のみを取り扱う場合であって、かつ、調理場とそれ以外の場所を区画するために床面から一定の高さの固定された適当な障壁が設けられている場合はこの限りでない。
ⅱ旅館、料理店等については、配膳台又は配膳棚及び必要に応じて配膳室を設けること。
ⅲ仕出し又は弁当を調製する場合は、必要に応じて調理場を下処理、放冷、盛り付け等の用途別に区分した場所又は専用の室を設けること。
ⅳ客室その他の客の使用に適した位置に流水受槽式手洗い設備を設けること。
ⅴ防虫、防鼠及び防臭設備、手指消毒装置並びに流水受漕式手洗い設備を備えた客用の便所を、調理場に影響がなく、かつ、客席から離れた場所に設けること。ただし、自動車による営業にあってはこの限りでない。
ⅵ調理場には、洗浄及び消毒のための給湯設備を設けること。
*「別に定める種類の営業」とは、旅館、弁当、仕出し、料理店以外飲食店営業です。
※施設基準は自治体により異なる場合があります。事前相談の際に確認します。


【行政書士報酬及び申請費用その他留意事項】*弊所の報酬額はすべて税込表示です

手続きの種別 行政書士報酬(税込) 申請手数料他実費
飲食店営業許可申請(新規)  37,000円~ 新規手数料16,000円(前橋市)・証明書取得代他実費
飲食店営業許可申請(継続)  32,000円~ 更新手数料12,800円(同上)・証明書取得代他実費
各種変更届  20,000円~ 手数料不要・証明書取得代他実費
  • 申請手数料は自治体により異なる場合があります。
  • 登記事項証明書の取得手続きは別途2,200円 + 印紙代600円
  • 上表記載の報酬額は、標準的な報酬額(小規模店・概ね150㎡以下)です。ご依頼の案件により報酬額は変わることがありますので、予めご了承ください。
  • 前橋市以外の地域では別途交通費を申し受けます。
  • 報酬及び申請費用その他実費(見積額)は、原則として前払いでお願いいたします。なお、申請費用の立替払いは一切できませんので、予めご了承ください。過不足は申請書提出後に精算させていただきます。
  • 報酬の発生時点は、ご依頼をいただき、かつ、当事務所が業務に着手した時点になります。
  • 詳細についてはお問い合わせください。

 


お申込み・お問い合わせはお電話・メール・FAX等で承っております。
詳細は〈お問い合わせ〉ページをご覧ください。